ホームページ制作とインターネット広告

インターネットが広く普及している現在では、多くの企業や個人がホームページを公開しています。ホームページがあれば、企業や個人が提供する商品やサービスを消費者に効果的にアピールすることができます。
ホームページを作成する利点はたくさんありますが、HP制作会社の選び方には、いくつか注意しなければならない点があります。
まず、信用のおける会社に依頼する必要があります。多くのHP制作会社は、自社のホームページをウェブで公開しています。ホームページには、会社の住所、電話番号、社長名、従業員数、業務内容、取引先、決算報告等が記載されています。ホームページに公開されている情報を元に、与信調査会社やデータベースで信用のおける会社であるかどうかを事前に調査しておけば、取引きするときに安心できます。
また、過去の実績があるかどうかも、一つの判断材料になります。過去の実績があれば、その中身を細かくチェックする必要があります。
さらに、もう一つの注意点は、料金が相場から大きく外れていないか、という点です。あまりにも料金が安すぎれば、品質に問題がある可能性も否定できません。逆に、料金が高すぎる場合、不必要な機能が備えられているのかもしれません。料金に疑問があれば、事前に問い合わせをして疑問点を解消しておく必要があります。


  • 起業したいが会社設立の仕方がわからない人たちへ

  • 会社設立と言う行為は、人生の中で何度も行うものではありませんので、会社を作ろうと思う人の多くは初心者です。一言で会社設立と言っても、実際どのようにして会社を作れば良いのか解らないものです。

    書籍などを購入して勉強をしても、全てが網羅されているわけではありませんので、誰かに相談をしたくなるケースが出て来ます。特に定款の作成については、難しい部分もありますし、どのような書類をどのタイミングで作り、提出すれば良いのかわからないものです。

    誰に相談していいかわからない、そんな方には会社設立代行会社というものがありますので、会社設立代行会社に思い切って相談するのが一番手っ取り早いでしょう。これは、自らに代わって、全ての手続きを代行してくれるというメリットがあります。そのため、定款の作成を行う時など、内容についての説明を受けながら作成する事が出来ます。また、定款の認証などは、電子定款で行う事で費用を節約する事が出来ることなどについての説明も受けられます。

    大半の書類作成を代行してくれますし、書類の申請手続きについても代行してくれます。そのため、その間を利用して設立後の準備を可能にすると言うメリットもあります。後は、税理士などに相談する事で書類の作成や申請手続きを代行して貰えますし、税理士によるセミナーなどが定期的に開催されていますので、そのセミナーに参加して、個別相談を受けるという方法もあります。今日では資本金はご存じの通り、1円でも株式会社を立ち上げ起業することができます。その他諸経費としては印鑑作成や登録などの印紙代などほんとの諸経費です。

    メインとなるのは、法定費用ですが、これも実際にはそこまで高いものではありません。ただ、問題は書類を含めた法的な手続き等になります。その際に、前述した会社設立のサポートサービスを使うことをお勧めします。東京は会社設立の需要が数多いため、リーズナブルなサポートサービスも多くありますので、こちらの『会社設立のため のサポート会社ランキング【東京編】』を参考に活用することもご検討してみて下さい。


  • ポスティングという広告手法

  • ポスティングという集客手法は昔からありますが、私は以前からのこの集客手法はインターネットに近しいなと思っていました。エリアを決め情報を配信するなどまさにネットのエリアターゲティング系広告と近しく、またクーポンなど添えればその効果も計測しやすく、ちょっと面白いなぁという印象もあります。しかしながら良くも悪くもメールのスパム広告にも近しいので、その手法は賛否両論あるでしょう。でも宅配ピザの割引券つきのポスティング広告だとちょっとうれしいですよね!

    集客手法としてのポスティングとは、反響が欲しいエリアのみ行えるということは前述通りメリットです。地域性をみてA地域では反応がなさそうだが、B地域では反応がありそうなので、そこの地域のみチラシをポスティングをするなどといった配りわけもできます。

    反応がなさそうなところに、いくらチラシを配った所で商売には繋がりませんが、反応がありそうなところのみ配れば、それを見た住人がその内容をみて
    検討するまでに繋がるという可能性が高くなります。毎日ポストを確認する人は多く、またその中でチラシを目にする可能性はとても高いです。

    自分にあった情報であれば良く見るでしょうし、関係ないと思えばごみ箱へ直行になります。そういう面で反応がなさそうなところへ配ってもそれは無駄になりますが、反応がありそうなところへ配れれば利益に繋がるということです。

    そのためにはチラシのデザインも目につくような物にしなければなりません。白黒の文字だけでは内容まで見たいとは思えませんので、チラシを手にとった人がいかに反応を示すか「チラシを見たいと思わえるものをつくる」という事が必要にもなります。そして反響が出れば、それはデータ収集にもなります。今どのようなものが、この地域では求められているかという判断もできます。

    ちなみに日本でのポスティングは実は歴史が深く、なんと江戸時代の発祥になります。江戸で「ひきふだ」、大阪で 「ちらし」という呼ばれ方をしておりました。有名なものには、1693年、呉服商越後屋(現在の三越)が出した「呉服物 現金安売り掛け値なし」があります。これだけ長いこと続いているポスティングの手法ですが、それだけ効果があることの証でもあるのかもしれませんね。ただ、チラシを撒くだけではなく、その手法は会社により反響は全然異なる結果になります。もしポスティング広告を考えるならば、よいポスティング業者に出会うためにも『ポスティング業者ランキング 東京版』を参考にお願いする会社を選定してみて下さい。


  • 中古オフィス家具について

  • 通常利用するオフィスに、中古の家具を販売しているお店から費用を抑える為に、オフィス家具を買って利用しようと考える会社は最近、増えてきました。

    このような家具を利用するに当たり、デメリットをピックアップして考えます。まず、大きなオフィスで中古での商品を購入しようとした場合、同じ商品が揃わないという場合があります。 このような家具は、会社が移転又は倒産などが合った場合に商品が出てきますので、同一の商品を同時に購入できるかはかなりの部分がタイミングによる事が多いです。
     
    また、デザインが同じ物でなくても、椅子やデスクという種類で絞ったとしても数が手に入らないという場合があります。また、会社で利用されているという事から一般的な家庭での利用ではありませんので、常に利用されている事が多いです。

    ですので、椅子などの消耗の程度がかなり差があるというのと疲弊している家具も多数あるのは事実です。であるので、利用しているオフィス家具を使うというのは、単純に新品との金額差を節約できたという考えではなく、修理費も事前に多めに見積もっておいたり予備を事前に購入しておくという事が必要になってりします。

    ですのでこのような、デメリットも事前に考慮して選択する必要があります。

    逆にこのような中古オフィス家具屋さんがあるということは、買取も行っている会社があるということです。不要になったオフィス什器などは、こういったオフィス家具買取会社に売ってしまいましょう。他社では値段がつかないものでも買い取りを行ってくれるケースなども多くあるみたいです。




↑ページトップへ戻る